ハイキング体験会 「おやこDE高尾山♪」




コロナウィルス問題で、 なかなか出歩けない 子供たちや親御さんたちのために…


緊急で開催することとなった


ハイキング体験会 「おやこDE高尾山♪」3月15日(日) 催行!

…無事終了しました❢下は3歳から、 上は10歳(小学4年)まで …元気な姿で、 子供たちが参加してくれました。中には、 山歩きするのがはじめて!! というご家族もおりましたが、山歩きのタフさ?に困惑しつつも 最近の自粛ムードで鈍った身体を 大自然の中で 思いっきりリフレッシュしているかのようでした!♪前日の降雪で 高尾山もまだ雪化粧が残っていました。時折、残雪を見つけては 子供たちがはしゃぎ、 手をかじかませながらも 雪でボールやダルマをコネ出す!大量の蛇のような 木の根っこだらけの道を見れば… 大きな驚嘆の声を上げ苔むす道端の穴に カエルの声が聞こえると 興味深々と覗きこむ…森は子供たちに たくさんの刺激を与えてくれたようです。陽が高くなると 雪がどんどん溶け出して 木々から まるでどしゃ降りの如く 水がしたたり落ちてくる…光輝く ミストシャワーのような 森林浴♪未就学児の中には 体力的にちょっとつらそうな気配を見せる子もいましたがみんなちゃんと自分の足だけで 山頂に辿りつきましたよ♪苦労して辿り着いた山頂では ご褒美のランチが待っている🍴 スタッフが用意してくれた 暖かいホットサンドやスープを 皆さん美味しそうに、 そして 楽しそうに… パクパクと口に運んでいました。この日初対面だった子供たちもいましたが 一緒に野山を歩き、ご飯を食べて、ちょいとお話でもすれば、 すぐに仲良くなれてしまう… 子供的社会の不思議(笑)下山が完了する最後の最後まで…参加してくれた子供たちの表情は どの顔も、笑顔に満ち満ちていました。コロナウィルス問題は未だ収束の気配を見せず 社会的な緊張、自粛ムードはまだまだ続くかもしれません。今回のような催しについても言い方を変えれば 不要不急の外出や集いの類であり 他人に近づいたり、 会話や行動を共にする…といった視点で 賛否両論あるでしょう…しかし、かくの如く…はちきれんばかりの子供たち(親御さんたちも)の笑顔を見れば「やってよかった❣」 「喜んでくれて本当によかった❣」…と、 心からそう思えるのです。WITHネイチャーは これからも こうした機会を どんどん作っていきたいと考えております。応援よろしくお願い申し上げますm(__)m


25回の閲覧0件のコメント