野沢ガイドの「ゆるハイク♬」~③@南高尾山稜を開催しました。

◆活動報告◆

7/9(土) 野沢ガイドの「ゆるハイク♬」~③ @南高尾山稜を開催しました。

参加者11名の盛況でした。

実は、 前回もそうだったのですが

ゆるハイク・レベルの歩き (標準CT-4時間程度)だけでは モノ足りない皆様もいて

集合前の2時間程度 有志を募り(参加は任意) 「前トレ」という時間を設けました。

山歩きの前に ちょいと余計に 山歩きをする…という(笑)

鍛錬(自主トレ)と ウォーミングアップをかねての この試みは意外に好評で

前回は参加者の半数程度だったのが 今回は全員参加・100%!

皆さん、とても熱心なことです(^^;

しかし、 この日も暑かったためか? それとも 日頃の鍛錬不足からなのか?

残念ながら、 この2時間弱の前トレですら 体調不良を来たし 別行動せざるをえない人を 輩出してしまいました(><;

幸いなことにサブガイドが 付き添い、 他の参加者に影響することなく イベントを継続できましたが

どうしてそうなってしまったのか? 事前に防ぎようがなかったか?

また、 不調者切り離しの 完全別行動という対応しか とれなかったのか?

…などなど

担当ガイドはもちろん 運営する側として 大いに反省すべきところだと 思っています。

冒頭からそうした アクシデントがありつつも

10時50分ごろ ゆるハイク♬本編をスタート!!

大垂水峠から大洞山を経て 超スローともいえるペースで 高尾山口駅を目指しました。

南高尾山稜は 見通しの効かない樹林帯歩きが 多いのですが

それでも、歩くほどに 時折吹く風は心地よく

「見晴台」では 眼下に津久井湖を従えた 丹沢の山々の勇壮な景観が 臨めました。

多弁でユーモアある参加者が 数名いたため(笑)

グループの雰囲気も 至極明るく・賑やかで 皆さんの表情は終始笑顔に 包まれていました

入沢山でのランチタイムも 和気藹々と会話が弾み とても楽しいひとときでした。

終盤・草戸山を過ぎた辺りから ややアップダウンが厳しくなり 足痛を訴える参加者も出ましたが

他の参加者たちが、 弱った人に声をかけ、

代わる代わる励ましながら… 無事・高尾山口まで 到達することが出来ました。

予定時間を1時間も超過しての 到着でしたが 誰一人として 不平不満の声をあげることもなく

逆に、 皆が「一つのチーム」になり 山行の完遂を労い合う…

ちょっと感動的な? フィナーレとなりました。

終了後の 「入浴→一杯」の ゴールデンコースが ひときわ盛り上がったことは いうまでもなく…

しかしながら

当該シリーズを継続していく上での 課題も浮き彫りになりました。

「初心者でもウェルカム!?」 …なハズの「ゆるハイク♬」ですが

ツラく感じる ツイて行けない…といった 初心者の方もいらっしゃる。

参加される皆様方の 「経験の差」「力の差」 そして それに伴う 達成感や満足感等の差異?

…といったことも やはり生じてしまう

力不足の人も 強くなってもらえる そして 楽しんでもらえる…

あるいは、 多少の個人差があっても その隙間を埋めてあげられる…

願わくば 参加された方々全てが 心底ご満足いただける…

そんな理想的なサービスが 提供できるよう

スキルのみならず 洞察・配慮・接遇等々にも 磨きをかけていく…

たゆまぬ努力が必要であると 再認識させられた 一日でもありました。

ご参加いただいた皆様 ありがとうございました。 そして 本当にお疲れさまでしたm(__)m

活動報告 以上


閲覧数:12回0件のコメント