top of page

雪山講習会~④ 石鎚山無事に終了しました。

◆活動報告◆

2/25(土) 雪山講習会~④ 石鎚山 無事に終了しました。

WITHネイチャー創業以来!? 本州を離れる大遠征(笑)

はるばる四国・愛媛県まで… 遠距離にも関わらず 8名の精鋭たち(スタッフを除く)が 集ってくれました。

当日の天気は晴れ。

麓の伊予西条駅からは 雪をまとった石鎚山の 荘厳で神秘的な姿が見えていました。

誰しもが目をキラキラ輝かせ、

「あんなところに登るんですね…」 (^▽^)

と興奮が冷めやらぬ様子。

が、山の神様の悪戯か?

ロープウェイを使い 石鎚神社・成就社まで行ったところ ご神体である山の姿は雲隠れ…

時折、青空も見え 霧氷の森に射す陽光は キラキラと美しかったのですが

登るほどに雲は厚くなり 山は厳しい表情に変わっていきました。

長い急登を越え 夜明峠に達しても 美しき稜線と迫力の岩峰は 全く見えず…(^^;

さらに雪深き 激しい急登が続き

二ノ鎖を過ぎたあたりからは まさに過酷な道程で 「試練」の連続でした。

幅…わずか 20cm程度のトレースしかない 雪が堆積したトラバース…

足を踏み出すと 雪が崩れて滑落しそう(@@;)

山頂付近に向けて 延々・断続的に続く鉄製階段も 横から雪が崩れ さらに凍結で固まったりしていて

切れ落ちた断崖絶壁を横目に 足場と手がかりを慎重に確認しながら わずかに歩行可能な 「隙間」を通過していく…

足元は アイゼンの噛ませ方

手は ピッケルの持ち方を工夫し

目は 雪の状態や 張り出した木の枝など 周辺状況を虎視眈々と観察…

まさに 全身・全神経を集中させての 歩行を余儀なくされました。

ガイドの事前リサーチから ある程度現地の状況は把握していて

ヘルメツト/ハーネス/スリング/カラビナ… ロープ確保にも備え 装備こそ万全で臨みましたが

やはり その日・そのタイミングで 現場を見ないと わからないことが多い…

雪山でも さほど難易度の高くないコースだった? ハズですが

参加者のほぼ全てが

「マジで  厳しいコースでした(><; 」

「過去・最高の  難度だったと思います(;’∀’)」

…と口にしていました。

しかし、 それだけ「苦労した」ということの 裏返しか?

景色の見えない山頂(弥山)ではありましたが 最大限「努力した成果」の登頂に 皆さん・大歓喜!!!\(^o^)/

その勢いを借りて 弥山から天狗岳へ…?

更なる危険が伴うルートにも 誰一人として怯むことなく チャレンジしてみることにしました。

しかし、残念ながら(;'∀') 天狗岳へのルートは 全く踏み跡のないノー・トレース状態。

急峻な岩と雪がミックスした危険地帯で ひとしきり進んだところで、 ガイドも安全なルートを見い出せなくなり

山頂までわずか約20mというポイントで 引き返すことになりました。

苦境の連続で 景色も見えず

下山もまた 相応のシンドさでした(;・∀・) (※危険個所への逆戻り…ですから)

主催者側としては、正直・若干 「消化不良」の感も残りました(--;

ですが…

イベント終了後、 参加された皆さんの顔は 実に晴れ晴れ… イキイキとしていました。

「まさにアドベンチャー!! スリルも満載で  超・楽しかったです(‘◇’)ゞ♪」

「アイゼン・ピッケルを  こんなに駆使したのは初めて…  実にイイ勉強になりました」

「こんな体験…  一人では あるいは、 仲間内(グループ)だけでは  絶対に出来ないです」

…などなど

皆さんこぞって 感動の言葉を口にしてくれたので とても救われた気がしました。 ε-(´∀`*)ホッ

下山後は 参加者・スタッフ全員で 同じホテルに宿泊し

伊予西条駅近くの居酒屋さんで ささやかな 打ち上げをしました。

シックなラベルも神々しい 地元の銘酒「石鎚山」をあおり

瀬戸内海産の新鮮なお刺身を バクバクと… 遠慮なく頬張る!!♪( ̄▽ ̄

この地ならではの 酒と食の美味さを 堪能できたことはもちろん…

皆が全力で、 「ひと仕事を終えた」的 爽快さと充実感に 満ち溢れた時間でした。

飲むほどに、食するほどに 充実感・満足感が湧き出してくる…

皆がどんどん笑顔になる…

(この遠征) 「やってよかった(´▽`)」と… 心底・思えた瞬間でした♪

雪の石鎚山… 来年も絶対にやりますよ~(告知)

そして今度こそ… 蒼天を切り裂く・勇壮な天狗岳の姿を 皆に見せてあげるんだ~!!!d(´▽`b

活動報告 以上


Comments


bottom of page