5月14日(土)CT7~8シリーズ…⑤奥多摩・戸倉三山縦走を催行しました。

◆活動報告◆

5月14日(土) CT7~8シリーズ…⑤ 奥多摩・戸倉三山縦走を催行しました。

序盤は雨に苦しみました

気温が高めで レインウェアの中は ムレムレ状態…(><;

ただでさえ 険しい起伏があるコースなので 皆・汗だく状態の歩行を 余儀なくされました

しかし、三山の一つ 刈寄山(かりよせやま)に到達する頃から 天気は徐々に回復し 午後にはチラホラと青空も…♪

鮮やかな新緑に包まれつつ

時折、 眼下や遠方の景色も楽しめる…

なかなかイイ感じ♫の トレッキングになったと思います。

雲海に浮かぶ筑波山

漆黒の山容が凜々しい大岳山

東方には 埼玉・東京の街並みが輝く…

見どころは たくさんありました

標準コースタイムが 8時間をラクに上回る長丁場で 予定どおり18時ごろの下山。

参加された皆様にとって 久々に「やり切った感」が漲る 充実した山行になったのでは?と 感じています。

たくさん汗をかいたあと(;´∀`) 立ち寄った「瀬音の湯」は 夕闇が迫って外灯が点り いと風情あり…

人も少なくなっていて とても静かで、快適で… 居心地が良かったです

熱い湯に浸り こざっぱりしたあとの一杯が この上なく美味しかったことは いうまでもなく(笑)

ところで、

「体力強化」が主目的たるこの企画…

3月から三月連続で このシリーズ(CT7~8)に 参加されている方が 今回いらっしゃいました。

この方は、 「開山前の富士山」(6月予定)を ターゲット(目標)にし、 ここまで 地道に鍛錬してきたのですが

CT7~8シリーズのみならず 当方の「ビギナーズ?ハイク」や 「初めての山歩き♪」にも 足繁く顔を出し

自ら志願して 「歩き方の基本」から 学び直すという熱心さでした。

初めのうちは、 急登で息も絶え絶えになったり 下山時に脚痛に襲われたり…と 足取りがどこか 心許なかったのですが

回を重ねるごとに 体力的なタフネスさも増し 歩き方も上達し

今回 この「戸倉三山」という 起伏の激しい・タフなコースでも 多少の余裕をもって 歩き切れたようでした。

まさに やればできる… 努力は嘘をつかない…という 見本のようなもの。

目を見張るばかりの成長ぶりに

イベント終了後 引率ガイドのみならず 他の参加者からも 賞賛の言葉を投げかけられていました。

本人も 「コレで自信がつきました!」 と、頼もしいヒトコト…

主催者側としては 当初の目的・企画主旨どおり

こうした 「実力をつけた方」 「結果が伴っている方」が 一人でも現れてくれたことを

掛け値なしに と~っても 嬉しく思っています♬\(^O^)/

その「彼」が いよいよ次に目指すのは、

日本三大急登 「甲斐駒ケ岳・黒戸尾根」

そのあとは 開山前の「富士山」…と

大いなる試練が続きます。

しかし、それこそが まさに彼自身が己に課した 「挑戦」の真骨頂

さらなる高みを目指し…

そして 新たな境地を切り拓くべく…

頑張って欲しいところです。

たゆまぬ努力を続ける人たちを WITHネイチャーは 精一杯・サポートさせていただきます

ご参加いただいた皆様 本当にお疲れさまでしたm(__)m

活動報告 以上



閲覧数:17回0件のコメント