like being in natural surroundings

love nature

 
『自然が好き!』から始めよう

環境問題

少子高齢化社会への不安

一次的コミュニティ(家族や隣近所関係)の崩壊、地方の過疎化や経済衰退

 

今、私たちが直面している様々な重要課題は決して他人事ではありません。

 

貴方なら、こうした課題にどう取り組んでいきますか?

「自分ごと」として考えたい貴方のために!

green_wh_logo1.png

ロゴ説明

芽のシルエットの周りに、自然や地域の象徴として山や川などの要素を入れ、地域を新しく芽生えさせるというイメージでです。

WITHネイチャーは、
まず、皆さまを
素晴らしい「自然体験」へと いざなうことから始めます。

例えば

辺境の山村、大自然の中をゆっくり歩く…

清々しい渓流、木漏れ日の森、可憐な花々、さえずる小鳥たち…

じわりと滲む汗、一陣の風が肌に心地よい…

山頂から雄大な景色を眺めれば、爽快感が溢れます。

適度に身体を動かせば、食事もおいしい!

歩いたあとは、ゆっくり温泉に浸かり、気持ちよく汗を流しましょう!!

湯上りはお酒を飲んでもいいでしょう…お酒を片手に地元産の名物料理に舌鼓を打つ。

心地よい疲れに身をゆだねれば、身体の奥底から充実感・満足感があふれだす…

 

こうしたシンプルな自然体験を積み重ねることで

「自然を愛する気持ち」が芽生え、あるいは強化され

「その地域(地域社会)への親しみや慈しむ心」も育まれ

「健全な心身を維持しようとする意識・習慣」も少しずつ醸成されていく…と思うのです。

 

「大切なものを大事にしたい」、「愛するものを守りたい」…といった心情に勝るものはありません。この内から湧き出る「誠の心」こそが、やがて「大きな力」となり、

自然環境を守る活動、地域の振興に協力する活動、健康的な生活を継続する行動…といった「具体的アクション」につながっていくのだと思います。

我々が目指す社会像、言い換えるなら「持続可能な社会」の具体的なイメージ
  • 自然と人間が共生できる社会

  • 年老いてなお、人々がいきいきと暮らせる社会

  • 地域の人たちが共に見守り、助け合える社会

  • 全国各地域の文化が花開く! 地方が主役の社会

その第一歩は「自然が好き!」という小さな心の萌芽からはじまります。

 

さぁ皆さん!
我々「WITHネイチャー」とともに、大自然の中に出かけましょう!!
フォギーキャンプ場
フォギーキャンプ場

press to zoom
ハイキング
ハイキング

press to zoom
Image by Jackman Chiu
Image by Jackman Chiu

press to zoom
1/5

Events

◆『大稜線を小刻み縦走!』シリーズ◆

WITHネイチャー・ファン待望の?

2022年・夏の大イベント…

『大稜線を小刻み縦走!』シリーズを展開いたします。

本年のターゲットは、都心からも比較的近い、奥秩父~奥武蔵の山域。

ユネスコエコパークにも登録された

長野県・信濃川源流域

(甲武信)からスタートし、終点は東京・奥多摩まで…

1都3県に跨がる長大な境界稜線(約66km)を大縦走します

通常なら3~4泊かかる行程ですが

「長いお休みはとれない」

…といったアナタのために!!

★毎月「1泊2日」ずつ、

「3回(3か月)に分けて」実施します。

★宿泊の形態もフレキシブル♫

「基本は山小屋泊」ですが

 アウトドア気分をもっと満喫したいという方は

「テント泊での参加も可」といたします。

(※ただし、装備や食材は自前で調達が必要)

★全3回…全て参加する必要はありません。

 最初の1回だけ、

 最後の1回だけ

 真ん中の1回だけ…などなど

 お好みの回を選んでの参加もウェルカムです。

※ただし、

全3回・通しで歩ききった方々には些少の特典を提供させていただきます♫

奥深き森、鳥たちの囀り、

野生動物たちの痕跡、

雲海、御来光、

そして めくるめく眺望…

途中には

日本百名山の甲武信ヶ岳や雲取山さらに

雁坂嶺、笠取山、飛龍山、七ツ石山、鷹ノ巣山…などなど

山歩き通???なら、

一度は登っておきたい

シブ~い♬…いぶし銀的な山々が貴方を待っています。

深山幽谷の地から自分の足だけで、大東京を目指す!!

ロマンに満ちた山旅へ…

皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

  • 7月02日 5:30 – 7月03日 14:30
    雁坂小屋, 日本、〒369-1901 埼玉県秩父市大滝3423
    奥秩父から奥多摩まで…「全長66kmの大稜線」を3回に分けて大縦走! 第一回目は、長野・毛木平から新地平までの行程。 清流爽やかな信濃川源流を経て、百名山・甲武信ヶ岳、 さらに破風山・雁坂嶺・古礼山など、眺望良き山々を巡る・痛快な山旅♪ 宿泊は、風情ある佇まいの「雁坂小屋」を予定。 密を避けたい人は、【テント泊も可】です。※ただしテント装備持参要。
  • 8月06日 8:20 – 8月07日 14:00
    山梨・新地平から丹波山村までの行程 (雁坂小屋), 日本、〒369-1901 埼玉県秩父市大滝3423
    奥秩父から奥多摩まで…「全長66kmの大稜線」を3回に分けて大縦走! 第二回目は、山梨・新地平から丹波山村までの行程。 多摩川水源の笠取山、主脈に聳える唐松尾山を経て、一路東に進む大行脚。 特に名所・飛龍山の前衛「禿岩」からの展望は圧巻です!! 宿舎は、人数限定でようやく宿泊を再開した人気の「将監小屋」を予定。 密を避けたい人は、【テント泊も可】です。※ただしテント装備持参要。
  • 9月03日 4:30 – 9月04日 16:10
    飛龍山~雲取山~奥多摩 宿泊「雲取山荘」, 日本、〒368-0033 埼玉県秩父市野坂町2丁目13−34
    奥秩父から奥多摩まで…「全長66kmの大稜線」を3回に分けて大縦走! シリーズ最終章となる旅は、丹波から奥多摩駅までの行程。 飛龍山から三ツ山を経て雲取山へ…さらには石尾根縦走路を一気通貫で歩きます、 七ツ石山・日陰名栗山・鷹ノ巣山など、奥多摩名山群を総ナメのクライマックス!!♪ 宿泊は、登山通なら一度は泊っておきたい「雲取山荘」を予定。 密を避けたい人は、【テント泊も可】です。※ただしテント装備持参要。
小刻み縦走PR.jpg
2022年上半期・目玉企画♪「山開き直前」の富士山を登る!!
■開催日:2022年6月18日(土)~6月19日(日)■

日本人に生まれてきたからには、誰もが一度は登ってみたい・・・

世界文化遺産にして日本の最高峰、

まさに日本の象徴であり、日本人の魂の拠り所ともいえる「富士山」(標高3,776m)。

 

しかし、通常・富士山の登山シーズンは、7月~9月上旬。

この短い期間の中に、日本中、いや世界中の人たちが、

怒濤の如く・この山を目指して押し寄せるわけですから、山道も山小屋も混雑必至!

ただでさえ険しい勾配・熾烈な自然環境に加え、居留空間的な「居心地」が良いわけもなく、

熱心な登山愛好家でさえ、夏期の富士登山を敬遠する気持ちがわかるというものです。

 

WITHネイチャーでは、そうした「常識的・富士登山のあり方」にあえて対峙!!

季節の変わり目・・・気象リスクを軽減でき、人的混雑も回避できる「僅かな間隙」を狙い、

憧れの「日本最高峰 到達」を目指します。

 

残雪も消える「山開き」直前(6月下旬)、

「梅雨真っ盛り」という気象的な不安材料はありますが、巷の気温は夏並みに高め・・・

この時期・わずか1軒のみ営業している山小屋(5合目・佐藤小屋)を基地とし

吉田ルートから最高点「剣ヶ峰」を目指すアプローチです。

 

人影も疎らな登山道、開業前(閉鎖中)・静寂に包まれた幾棟もの山小屋・・・

押し寄せる群衆が招く「混乱」「喧噪」「窮屈」等々とは、全く無縁の世界。

そこにきっと、大自然の摂理のみに委ねられた

「あるがままの富士山」を垣間見ることができるでしょう。

今・この瞬間、限られた・ごくわずかな人間だけが起っている日本国の最高点!!

そこから眺める景色は、きっと皆様に「無上の喜び」をもたらせてくれるハズです♪

 

2日目の行程は、深夜発、しかも完全下山までの標準コースタイムは約12時間半、

2日間の累積標高差(登り/下り共に) 2,400m超と・・・かなりタフな道のりではありますが、

富士登山における「既成概念」を打破し、至極の富士体験へと皆様をいざないます!

【★本イベントについては、「参加条件」があります】

2022年初夏・「山開き直前」の富士山を登る!!
6月18日 8:45 – 6月19日 15:00
佐藤小屋,
日本、〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田3

★コロナ関連・緊急事態宣言等の状況によっては  イベントの急遽中止や予定変更の可能性もございますので  あらかじめご了承ください。

★なお、全てのプログラムで、 スタッフだけでなく参加者の皆様にも マスクや除菌・消毒液等の持参をお願いしております。 また、休憩時だけてなく歩行時にも 他者との適切な距離確保をお願いしております。 加えて、 公共交通機関を使いたくない皆様には、 自家用車等での集合も認めています。 詳しくは、 個々のイベントの催行案内に記載させていただきますので ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 【テント泊もOK】「大稜線を小刻み縦走!~①」甲武信ヶ岳~雁坂嶺
    7月02日 5:30 – 7月03日 14:30
    雁坂小屋, 日本、〒369-1901 埼玉県秩父市大滝3423
    奥秩父から奥多摩まで…「全長66kmの大稜線」を3回に分けて大縦走! 第一回目は、長野・毛木平から新地平までの行程。 清流爽やかな信濃川源流を経て、百名山・甲武信ヶ岳、 さらに破風山・雁坂嶺・古礼山など、眺望良き山々を巡る・痛快な山旅♪ 宿泊は、風情ある佇まいの「雁坂小屋」を予定。 密を避けたい人は、【テント泊も可】です。※ただしテント装備持参要。
    シェア
  • 野沢ガイドの「ゆるハイク♬」~③ 南高尾山稜♪
    7月09日 10:15 – 16:00
    南高尾山稜, 日本、〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井
    WITHネイチャー新米ガイド!(^^; 野沢孝司が ソフトに、かつのんびりと…皆様を「癒しの山旅」にご案内! 初心者にも優しい「ゆるハイク♬」シリーズ!! 第3弾は、高尾山の南側にある稜線をぐるりと回るコースです。 マイナーな山ばかりですが、晴れていれば 「見晴台」から眺める丹沢山塊 草戸山付近から見下ろす城山湖・・・など、みどころは豊富♪ 体力に自信のない方でも参加OKです!!! 梅雨時ではありますが、繁る青葉など楽しみつつ、気分爽快に歩きましょう。
    シェア
  • 【山小屋泊も可】「ビギナーズ?テント泊山行~①」仙丈ヶ岳とアサヨ峰
    7月23日 5:10 – 7月24日 11:50
    北沢峠「長衛小屋」, 日本、〒400-0241 山梨県南アルプス市芦安芦倉
    テント泊ビギナーには優しい?…山麓のキャンプ場をベースに、1泊2日で「名山二座」を踏破するシリーズ。 第一弾は、南アルプスの女王「仙丈ヶ岳」(百名山)と早川尾根の盟主「アサヨ峰」。 「南アルプスの展望台」とも称される早川尾根は、眺望抜群! 近年・某CMで”水の山”として知られるようになった人気の「栗沢山」も通過します。 キャンプ地は、南ア北部の要衝・北沢峠「長衛小屋」を予定。 テント泊できない方は【山小屋泊も可】です。
    シェア
  • 【テント泊もOK】「大稜線を小刻み縦走!~②」笠取山~飛龍前衛・禿岩
    8月06日(土)
    山梨・新地平から丹波山村までの行程 (雁坂小屋)
    8月06日 8:20 – 8月07日 14:00
    山梨・新地平から丹波山村までの行程 (雁坂小屋), 日本、〒369-1901 埼玉県秩父市大滝3423
    奥秩父から奥多摩まで…「全長66kmの大稜線」を3回に分けて大縦走! 第二回目は、山梨・新地平から丹波山村までの行程。 多摩川水源の笠取山、主脈に聳える唐松尾山を経て、一路東に進む大行脚。 特に名所・飛龍山の前衛「禿岩」からの展望は圧巻です!! 宿舎は、人数限定でようやく宿泊を再開した人気の「将監小屋」を予定。 密を避けたい人は、【テント泊も可】です。※ただしテント装備持参要。
    シェア
  • 野沢ガイドの「ゆるハイク♬」~④ 高水三山+御岳渓谷・川ドボン!♪
    8月11日 7:30 – 12:40
    高水三山+御岳渓谷, 日本、〒198-0001 東京都青梅市成木7丁目 高水山
    WITHネイチャー新米ガイド(^^; 野沢孝司が ソフトに・のんびりと…「癒しの山旅」にご案内! もはや恒例・月イチ「ゆるハイク♬」…今回は夏のスペシャル企画!! 低山ハイクでたっぷり汗をかいたあと、 冷たい川にドボ~ンと(`ε´)!!!  さらに、川辺でBBQを楽しみます♫ ハイクの場所は、山歩き初心者にも優しい…駅近アクセスで人気の高水三山。 秀峰「岩茸石山」からの眺望も楽しみです。
    シェア
  • 【山荘泊もOK】「ビギナーズ?テント泊山行~②」立山三峰と奥大日岳
    8月13日 7:10 – 8月14日 11:00
    雷鳥沢ヒュッテ/雷鳥沢キャンプ場, 日本、〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺
    テント泊・初心者には優しい!?… 山麓のキャンプ場をベースに、1泊2日で「名山二座」を踏破するシリーズ。 第二弾は、憧れの北アルプスが舞台。 立山室堂「雷鳥沢」をキャンプ地として、3000m級の高峰群「立山三峰」と、二百名山に選定されている「奥大日岳」を巡ります。 迫力ある「火山地形」、高山植物やライチョウ等の稀少生物が残存する豊かな「大自然」、 そして、日本三霊山と称されるほど色濃い「山岳信仰」の痕跡… まさに!「見どころ満載♪」贅沢な山旅になるでしょう。 テント泊が不可の方は【山荘泊もOK】です。
    シェア
  • 【テント泊もOK】「大稜線を小刻み縦走!~③」飛龍山~雲取山~奥多摩
    9月03日(土)
    飛龍山~雲取山~奥多摩 宿泊「雲取山荘」
    9月03日 4:30 – 9月04日 16:10
    飛龍山~雲取山~奥多摩 宿泊「雲取山荘」, 日本、〒368-0033 埼玉県秩父市野坂町2丁目13−34
    奥秩父から奥多摩まで…「全長66kmの大稜線」を3回に分けて大縦走! シリーズ最終章となる旅は、丹波から奥多摩駅までの行程。 飛龍山から三ツ山を経て雲取山へ…さらには石尾根縦走路を一気通貫で歩きます、 七ツ石山・日陰名栗山・鷹ノ巣山など、奥多摩名山群を総ナメのクライマックス!!♪ 宿泊は、登山通なら一度は泊っておきたい「雲取山荘」を予定。 密を避けたい人は、【テント泊も可】です。※ただしテント装備持参要。
    シェア