top of page

8月03日(土)

|

小谷村

★テント泊の練習も大歓迎★「人気の山小屋に泊まろう」~②白馬大池山荘

2024年・夏、一度は泊まってみたい「人気の山小屋」を巡るシリーズ。 第二弾は、北アルプス・後立山連峰の「白馬大池山荘」。 この山小屋の良さは、 何といっても絶好のビューイング!\(^o^)/♪ 壮観な山々・残雪・季節の花々に取り囲まれた美しき大池… まさに夢のようなロケーションです。 晴れていれば、インスタ映えする写真がたくさん撮れるでしょう(笑) 晩御飯は定番のカレー…ですが、 お代わりもできて・とても美味しいと評判!!♫ 二日目の行程は、 初心者向けに「栂池自然園」散策。 中級者以上向けには、「白馬岳登頂!」を準備しました ※テント場が併設されており、テント泊練習の場としても最適です。

★テント泊の練習も大歓迎★「人気の山小屋に泊まろう」~②白馬大池山荘
★テント泊の練習も大歓迎★「人気の山小屋に泊まろう」~②白馬大池山荘

日時・場所

2024年8月03日 10:00 JST – 2024年8月04日 13:30 JST

小谷村, 日本、〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村千国

イベントについて

■開催日■

2023年8月3日(土)~8月4日(日)

※「白馬大池山荘」に宿泊予定。

※テント泊も可。

■集合■

8月3日(土) 10時00分

栂池高原・栂池ゴンドラリフト・チケットセンター前

(長野県北安曇郡小谷村栂池高原)

※集合後、栂池ゴンドラリフト/ロープウェイと乗り継いで、「自然園駅」に向かいます。

(所用時間:乗り換え時間を含み約40分。料金は参加者各自のご負担です)

[料金]

ゴンドラ+ロープウェイ(往復+自然園入園料込み):3,700円

ゴンドラ+ロープウェイ(片道+自然園入園料なし):2,000円

※東京方面からお越しの方は、以下の交通機関ご利用が便利です。

・「東京」06:26発 →(JR新幹線はくたか・長野行き)→08:03「長野」着

[乗り換え]

「長野駅東口」08:20発→(アルピコ交通特急バス・白馬線)→09:57「栂池高原」着

(料金は、新幹線指定+乗車券+高速バス代: 片道10,310円。参加者各自のご負担です)

■日程概要■

【初日】

・自然園駅→天狗原→白馬大池山荘(泊)

※標準CT:3時間00分

 総距離:4.2km

 獲得標高:△674m/▽100m[ヤマタイム計画値]

 WNレベル:CT3~4(L1)以下

※休憩時間・全行程を通じ40分程度

※泊地「白馬大池山荘」到着は、14:40ごろの予定

※到着後は自由時間となりますので、各自ゆっくりお過ごしください。

※テント泊の方は、担当ガイドがアシストさせていただきますので、

 この機会にしっかりとテントを設営してみてください。

【二日目】

[ノーマル行程]

★初心者向き

★「栂池自然園」散策をして下山

・白馬大池山荘→天狗原

 →自然園入口(※入園にはチケットが必要となります)

 →楠川→浮島湿原入口→展望湿原

 →浮島湿原入口→楠川→自然園駅

※チェックアウトは6:30ごろ/出発は6:40ごろを予定。

※標準CT:5時間20分

 総距離:10.7km

 獲得標高:△410m/▽973m[ヤマタイム計画値]

 WNレベル:CT5~6(L1)以下

 (※時間は長いが、下り基調)

※休憩時間・全行程を通じ50分程度

※終点「自然園」到着は、13:00ごろの予定

※「自然園」到着後は、

 ロープウェイ/ゴンドラを乗り継いで下山します。

※本コースをご選択の方は、

 事前(前日)に

「往復+自然園入園チケット」をご購入しておいてください。

[オプション行程]

★中級者向き

★「白馬岳山頂」経由で「猿倉」下山

・白馬大池山荘→小蓮華山→三国境→白馬岳

 →白馬山荘→白馬頂上宿舎→(白馬大雪渓)

 →葱平→白馬尻→猿倉

※日の出前スタートであるためヘッドランプの携行が必須です。

 雪渓を通るため軽アイゼン(ORチェーンスパイク)も携行してください。

※なお、このハイクに参加される方で

 「山小屋泊」の方は

 朝食が、山小屋(屋内)食ではなく、お弁当(野外食)に変更となります。

※標準CT:7時間10分

 総距離:11.8km

 獲得標高:△831m/▽1,987m[ヤマタイム計画値]

 WNレベル:CT7~9(L1)以下

  (※時間は長いが、下りの行程が長い)

※休憩時間・全行程を通じ80分程度。

※終点「猿倉」到着は、12:05ごろの予定

■参加費■

一般の方 18,700円(税込み)

賛助会員 16,500円(税込み)

※上記参加費には、現地往復の交通費や宿泊費は含まれておりません。

※「白馬大池山荘」の宿泊費用につきましても、参加者各自のご負担です。

■解散等について■

・両コースともに、二日目のハイク終着点・到着をもって解散とします。

・両コースともに、解散後は、以下の路線バスで「白馬八方ターミナル」もしくは

「白馬駅」方面に向かうことをオススメします。

[ノーマル行程]

 栂池高原 14:00発 → 白馬八方バスターミナル 14:24着

 栂池高原 14:21発 → 白馬八方バスターミナル 14:45着

 (料金530円・参加者各自のご負担です)

[オプション行程]

 猿倉 12:37発 → 白馬八方バスターミナル 12:59着

 猿倉 14:35発 → 白馬八方バスターミナル 14:57着 ※最終バス

・白馬八方バスターミナルから東京方面へのお帰りは、

 以下の交通機関が便利です。

白馬八方バスターミナル 15:15発→アルピコ交通・新宿白馬線→バスタ新宿20:28着

白馬八方バスターミナル 17:20発→アルピコ交通・新宿白馬線→バスタ新宿22:33着

(料金は、参加者各自のご負担です)

・当イベントでは入浴施設等の予約手配はいたしません。

 入浴ご希望者は、有志で近隣の入浴施設をお探しください。

[参考入浴施設]

 白馬八方温泉「八方の湯」(白馬八方バスターミナルから徒歩2分)

 https://hakuba-happo-onsen.jp/

■宿泊施設について■

『白馬大池山荘』

標高2,300mの高所にある白馬大池(火山堰止湖)湖畔の山荘。

まさに大自然に囲まれた絶好のロケーションにある。

目前に洋々と水をたたえる白馬大池には、サンショウウオが生息。

(サンショウオは山荘のキャラクターにもなっています)

付近の雷鳥坂では、その名の通りおり・雷鳥の姿を見ることができるそうです。

・山小屋 宿泊料(1泊2食付き・相部屋) ¥15,000-/人(税込み)

・テント泊 幕営料 ¥4,000-/1張・1人

 参考URL:  https://www.hakuba-sanso.co.jp/yamagoya/hakubaooikesanso.html

※当方にて、便宜的にまとめて仮予約いたしますが

 宿泊料/幕営料は、参加者個々人のご負担となります。

 現地にて直接お支払いください。

※テント泊の方は夕食や朝食のオーダーは出来ません。

 ただし、翌日のお弁当をオーダーすることは可能です。

 また、売店で飲料やスナックなどの軽食材を購入することも可能です。

■参加条件■

●良好な健康状態であること。

●登山・トレッキング用の装備を有すること。

※当方が別途提示する装備リストに準拠してください。

●適切な野外活動保険(山岳保険)に加入していること。

●イベント開始前2カ月の間に、標準コースタイム4~5時間程度のハイク実績を有すること。

■その他 留意事項■

●本イベントにテント泊でご参加される方の中で

   6月29日(土) 「初めてのテント泊山行・講座編(@八王子市)」に参加された方には

  特典として「レンタル・テント(シュラフ/マット)セットを無料!」とさせていただきます

●荒天でも、暴風雪などが予想されない限り、決行する場合があります。

 イベントが間近になって、荒天が見込まれる場合は、

 前日の昼頃までに、当方より、

 決行可否をメールやお電話にてご連絡差し上げます。

●お申込み後のキャンセルについては、次項のメール宛にて承ります。

その場合のキャンセル・ポリシー(キャンセル料等)につきましては、

下記「特定商取引法に基づく表示」をご確認ください。

 ↓

https://www.with-nature.or.jp/specificcommerce

●日程、保険、ウェアや装備などを含め、

 ご不明な点がございましたら、

 ご遠慮なく下記までお問い合わせください。

 ↓

info@with-nature.or.jp

以上

チケット設定

  • 一般参加用チケット

    一般の方はこのチケットをお求めください。 ※ご購入時、お申込みフォームの「賛助会員NO」欄には、何も記入しないでください。 ※複数名分まとめてのお申込みも可能です。

    ¥18,700
    消費税:消費税込み
  • 賛助会員用チケット

    賛助会員の方、専用のチケットです。一般の方は使用できません。 ※ご購入時、お申込みフォームの「賛助会員NO」に、必ず正しい番号をご記入ください。 ※個人会員のご家族様や、法人会員の従業員の皆様などもこちらからお申込みください。

    ¥16,500
    消費税:消費税込み

合計

¥0

このイベントをシェア

bottom of page