11月16日(土) | 天目山

TOUGHトレック2~奥多摩”いぶし銀な山々”を歩き尽くす

「TOUGH」トレック・シリーズの2回目! 天目山(1575m)~蕎麦粒山(1473m)~川苔山(1363m) 東京都と埼玉県の境界線上(都県界尾根)にあり 知る人ぞ知る ”シブ~い山々”を一挙に巡ります!! 標準コースタイムは8時間30分程度ですが、 総距離21kmにも及ぶ長旅を日帰りで踏破します。 奥深き縦走路はひと気も少なく、晩秋に相応しい 静かな山歩きが楽しめるでしょう♪
お申し込みの受付は終了しました。
TOUGHトレック2~奥多摩”いぶし銀な山々”を歩き尽くす

日時・場所

2019年11月16日 8:15 – 18:50
天目山, 日本、〒198-0211 東京都西多摩郡奥多摩町日原 天目山

イベントについて

【開催日】:  11月16日(土)

【参加者】:  10名程度を想定 (最小催行人数 3名) 

【WNレベル】: (WITHネイチャーによる独自のコース難易度分類)

レベル3+ (健脚者向け)

【参加費】:  一般の方 6,000円(税込み 6,600円) 

賛助会員 5,000円(税込み 5,500円)

※上記の参加費には、交通費や食事代は含まれておりません。

  

【場所のデータ】:

奥多摩・東日原を起点に、東京都と埼玉県の境界線を巡り、再び奥多摩(鳩ノ巣駅)へ!

最初に目指す「天目山」は、百名山・雲取山から続く稜線(長沢背稜)の東端に位置し、

3つの峰を持つ独特の山容から「三ツドッケ」とも呼称されます。

天目山から樹林帯の緩やかな起伏を歩き、これまた特徴的な形をした「蕎麦粒山」へと至る。

蕎麦粒山からは南東方向の視界が一気に開け、

日向沢ノ峰~川苔山へ脈々と開放的な稜線が続く・・・

とても変化に富んだ景観を楽しみながら、優雅な稜線歩きを堪能できます♪

目前に石尾根(鷹ノ巣山/七ツ石山/雲取山・・・)、遠く大岳山や御前山、

あるいは 反対側の視界に武甲山をはじめとした奥武蔵の山々を垣間見る・・・

目にする眺望はどれもこれも、「これぞ奥多摩!」と呼べる象徴的なビューイング!!

最後のピーク「川苔山」から、自身の辿ってきた長い縦走路を振り返れば

きっと充実感・満足感が溢れ出てくることでしょう。

【ポイント】:

★体力に自信のない方は、参加をご遠慮ください。

●標準タイム8時間20分、総距離21kmに及ぶロングコースを日帰りで踏破!

●奥多摩の山深き縦走路(都県界尾根)は登山客もまばら・・・静かで優雅な山歩きを堪能♪

●対面する石尾根稜線、彼方に臨む奥多摩三山、時折開けた尾根道・・・見どころも満載!!

【集合時間】: 

JR青梅線・奥多摩駅改札口・あさ8時15分集合

※路線バス「東日原行き」(奥多摩駅8時35分発)で登山口に移動

(バス所要時間は約30分)

【コース概要】: ( )内の時間は、歩行時間のみの標準コースタイム

●標準コースタイム 約8時間30分  (行動時間のみ/休憩含まず)

東日原→(150分)→一杯水避難小屋→(25分)→天目山(三ツドッケ)

→(20分)→一杯水避難小屋→(80分)→蕎麦粒山→(30分)→日向沢ノ峰

→(60分)→曲ヶ谷北峰→(10分)→川苔山

→(15分)→舟井戸→(90分)→大根ノ山ノ神→(30分)→JR鳩ノ巣駅

※休憩はトータルで約70分程度。

終点「鳩ノ巣駅」到着は、18:50ごろを予定。

※原則・鳩ノ巣駅で自由解散。

【その他】:

・トレッキング後は有志の方々で、青梅方面の温泉施設でゆったりと入浴も可能♪

(温泉施設の入浴料、入浴後の飲食代等は各自で負担)

[入浴予定] : 河辺温泉「梅の湯」(JR河辺駅から徒歩2分)

【ご参加の条件】★体力や登山スキルに自信の無い方は、参加をご遠慮願います。

●良好な健康状態であること。

(重要な疾患や持病等がある場合、ご参加をお断りする場合がございます)

●ご自身の過去の実績・経験から、10kg超のザックを背負い

標準コースタイム以内(8~9割程度)の歩行を、長時間継続できる自信があること。

※自己判断に窮する場合は、ご遠慮なくメールにてご相談ください。

●事前に野外活動保険、あるいは山岳保険にご加入いただくこと(掛け捨て可)。

●トレッキングに必要なウェアや装備でご参加いただくこと。

(添付「装備リスト」をご参照)

【その他】:

●雨天でも、暴風雨が予想されない限り、決行する場合があります。

 前日の夕方までに当方より、決行可否をメールやお電話にてご連絡差し上げます。

●日程、保険、ウェアや装備などを含め、ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく下記までお問い合わせください。

info@with-nature.or.jp

このイベントをシェア