「ロック・クライミングの基礎」講習会を開催しました。


3月20~21日 「ロック・クライミングの基礎」 講習会を開催しました。

少人数開催ではありましたが

初日(Basicコース)は 屋外(外岩・日和田山)で…

二日目(Step-upコース)は 屋内ジム(入間市)で…

クライミングの基礎をみっちりと 学んでいただきました。

国内外で活躍する 登山ガイド・ステージⅢ 秋山和正氏を招聘しての講習。

ギア類の基礎知識や 装着・使い方のイロハ、 あるいは ロープワーク、 岩場の基本的な歩き方…と

模範的な デモンストレーションも含め

随所に・とても丁寧で わかりやすい説明が施され 実に学ぶことが多かったです。

特に岩場 (あるいはクライミング壁)での 足場の確保の仕方、 重心移動、 手がかりの掴み方…など クライミングにおける動作指導には 覚醒の感がありました。

これまで何気なく (悪く言えば「我流で」 あるいは「雑に」(笑)) 取り組んでいたことも

「なぜそうしなければならないか?」

明確かつ論理的な理由も含め 参加者各自が 改めて自身で見直し 改善していく… とても良い機会になったのでは ないでしょうか。

また、 険しくて怖そうな岩場や 高度感あるクライミング壁でも

「ロープで確保されながら登降すれば  こんに楽しいのですねぇ♪」

「ロープって、凄い!」  (もっと、ちゃんと技術を覚えたい)

など 皆さん異口同音に口にしていました。

登山とクライミングは 似て非なるモノ…

新たなる領域に踏み込んだ その面白さ?に

魅せられていたようでした。

中には 「クライミングをやっていれば  岩山・登山にも応用が利きますね!?」 と、 登山への応用・適用可能性に 気づいていただいた方も チラホラ…と。

「自分もこれから、暇を見て ジムに通いたいです(^O^)」

「クライミング・シューズを 買わなきゃ(^^;

帰路・それぞれ ポジティブに語ってくれる口調が とても印象的でした。

参加された方全てが 多くのことを学び 大いにインスパイアされた 2日間だったと思います。

ご自身の次への活動に 夢や希望、あるいは 何らかの目的みたいなモノを 見いだせていただけたなら幸いです。

ご参加いただいた皆様 本当にお疲れさまでした。



閲覧数:5回0件のコメント