top of page

新年会~その③                  WITHネイチャー的・新年会2024-1/27(土)~1/28(日)[@伊勢原・大山]

◆活動報告◆

新年会~その③

WITHネイチャー的・新年会

2024-1/27(土)~1/28(日)

[@伊勢原・大山]

最終リポートです。

二日目は

『お酒を抜くための

ライトなハイク』と

『基本のロープワーク

&ツェルト講習 』

2つのプログラムを

実施しました。

両チームとも

最初は一緒のスタートで

宿舎「おゝすみ山荘」を発ち

大山南山稜上にある

「浅間山」(せんげんやま)を

目指しました。

実はこのルート…

いわゆる「破線ルート」で

一般登山道とは異なる

ちょっと険しい道。

序盤は

ほぼ藪漕ぎ状態で

急斜面を登って

尾根に取り付きました。

朝から皆さん・かなり

びっくりした!(◎_◎;)

…ようです。

踏み跡らしい踏み跡が

全くと言ってイイほど

見当たらない…

荒廃した登山道。

途中

「えっ?本当に

 ココを行くんですか?

 (;’∀’)」…的な

土砂が崩落した斜面や

草ボウボウの急登などが

幾度となく現れました。

距離にして3km程度

登り獲得標高350m程度の

短いコースでしたが

低山といえど

道の良し悪しで

難度・キツさが変わる…

とても良い勉強に

なったのでは?と思います。

大半の人は

体力的にも精神的にも

ちょっと

キツかったようですが

中にはやはり

「面白い!」

「ワクワクする~♪

 ( ̄▽ ̄)」

…などの意見も

多々ありました。

たまには、こういう

「刺激的な低山ハイク」が

あっても

良いのではないでしょうか?

(★実は

それが狙いですけど(‘◇’)ゞ)

2チームとも

無事に稜線に到着してからは

別行動。

片や

「酒抜きハイク」チームは

そのまま稜線を伝い

鷹取山~念仏山~弘法山~権現山と

定番の人気コースを

ゆったり歩く…

この日は朝から雲が厚く

残念ながら、待望の富士山は

お目にかかれず仕舞い(--;

それでも所々から

相模湾方面・箱根方面の景観が

よく見えて

前夜の飲み疲れ?を

リセットしてくれるほど

気持ち良い汗が流せたようです。

(''◇'')ゞ

一方、

そのまま稜線(浅間山)に留まった

「ロープワーク講習」チームは

短時間ではありましたが

ロープの取り扱い(束ね方)

基本の結び

水平方向への張り

垂直方向の使い方…

などなど

一通りの技術を

学習していただきました。

結び方一つにしても

どういう場面で使用するか?

実例を提示しながら

教えるため

「これは山でも

 日常生活でも使える!」

「このやり方

 ××にも応用できる」

…などなど

実践的な側面を

評価してくれる声が多かったです。

特に

ツェルトの張り方についての

レクチャーは大好評で

「ツェルトの中が

 こんなに温かいとは(@_@)」

「ツェルト…

 買わないと(^^;)」

「いろんなところに

 持っていきたい(‘◇’)ゞ」

…と

有効性を理解するのみならず

即実践・即携行を望む

前向きなコメントばかりでした。

少なくとも

参加された方々にとっては

今後の「安全登山」に対し

寄与できたものと思っています。

両チームとも

夕方16時前には無事下山。

別々の解散となりましたが

双方とも、最後は

二日間に渡り

寝食を共にした仲間たちと

しばしの別れを名残惜しむように

「締めの盃」を交わす姿が

印象的でした。

が!

せっかく汗を流して

酒を抜いても

「また飲んだんかい!?(^▽^;)」と

批判されても、

いたしかたなし…

ではあります(笑)

WITHネイチャー的・新年会2024

今年も楽しく・無事に終了し

スタッフ一同

ホッと胸を撫でおろしています。

例年より

参加者数は少なかったものの

「内容の濃い」

とても充実した

二日間になったと思います。

今年、

初めて参加された方々から

「来年も絶対・参加します!」と

心強いお言葉をいただけたことが

とても嬉しかったです♪

そして

改めて思ったことは…

WITHネイチャーにおける

イベントは

常に「双方向」で

成り立っているということ。

スタッフのみならず

参加される皆様・一人一人の

一挙手一投足で

様々な雰囲気が奏でられ

時には笑いが起き、

時にはシリアスになり、

そして

時には学びにも繋がる…

それらがイベント全体の

成否をも左右していくのです。

まさに参加される皆様方が

大事なゲストであり、

重要なパフォーマーでもあります。

参加される皆様あっての

イベントであることを

再認識した次第です。

今回・ご参加いただき

盛会に導いてくださった皆様には

心より感謝申し上げますm(__)m

そして…

いよいよ

新しい年の活動をスタートした

WITHネイチャーを

本年も引き続き

よろしくお願い申し上げます。

活動報告 以上



留言


bottom of page